生きづらいぼくたちが生き抜くために
ひとつでも多くの知識を
知恵にできますように
はじまり

ダイエットのためにスポーツジムに入会して10日間が経った!ジムはいいぞ!!

あるていど楽に生きようとする皆さんにあっては,「元気よく過ごす」ことがなによりの関心ごとかと思います。そして,元気よく過ごすために,スポーツジムへの入会を一度は考えたことがあるかと思います。

8月16日にスポーツジム入会して,いまでは10日間が経ちました。

そこで,ここまでに考えたことなどを,駆け足にまとめておこうと思います!!

定量的に目標管理できると楽しい

スポーツジムに入会できて良かったのは,何よりも「数字で視える」ということです。

ゲームなんかも「攻撃力」や「経験値」といった数値で主人公の能力が定量化されているように,数値になればなんでも楽しくなります。

ゲームにすればうまくいく 〈ゲーミフィケーション〉9つのフレームワーク

ゲームにすればうまくいく 〈ゲーミフィケーション〉9つのフレームワーク

InBody で KGI を定量管理

f:id:HrkPPOI:20180826145636j:plain

通うことを決めたときは「とりあえず痩せたいなー。筋肉もつけたいなー」程度の実にフワッとした目標でしたが,ジム2日目に転機がありました。

InBody という高機能体重計での測定があったのです。

他にも数値はいろいろ出ていますが,とりあえず以下の項目を目標数値として使う予定です。

  • 体脂肪量
  • 筋肉量

数値化されるだけでも素晴らしいが,「理想的な体のためには」という項目で目標を決めてくれるところも素晴らしい。

筋肉量を 4kg 増やして脂肪を 10kg 減らすことがどれだけ難しいのかはさっぱり分かりませんが,1ヶ月後の効果測定までは何も考えずに運動します。

重量が数値になって楽しい

スポーツジムで運動をする場合,いくつかの選択肢があります。

  1. スタジオレッスン
  2. 筋トレ
    1. マシン
    2. フリーウエイト
  3. 水泳

ぼくは手軽さと管理のしやすさを重視してマシンを使っています。

マシンは 2.5kg 刻みで重量を変えることができますし,重量の変更も数秒で行えます。

「次は ○kg を目指すぞ」的な感じで取り組みやすいので,しばらくはマシン中心にやっていく予定です。

「ジムに行く時間がない」と思わないためにしていること

スポーツジムは,行かなくても困りません。誰にも怒られません。仕事や友達との約束に比べると,圧倒的に強制力が弱いのです。

そこで「面倒臭さ」をどう低減するかが最大の課題となります。

「面倒臭さ」の正体は,端的に「時間」です。

ジムに通うのは時間がかかります

運動している時間に加えて,着替える時間やシャワーを浴びる時間や移動時間もかかるのです。

この「時間」に対してどう対処していくかがコツな気がしています。

オーディオブックを聞く

2018/08/28 編集 別記事化しましたので、↓をご覧ください(ᵔᴥᵔ)b

www.arute.me

1回の量を減らす

ジムは「筋トレして有酸素運動もして,スタジオにも出る」といった通いかたが一般イメージかと思います。

しかし,こんなことをしていたらとんでもない時間がかかります。

時間がかかればかかるほど,行きたくなくなります。

ですので,なるべく短時間で終わらせて,風呂に入って,チャッチャと帰ります。そうすることで,「ジムの日」などと身構えなくても行くことができるというわけです。

ちゃんと風呂に入る

入浴は意外と時間のかかるイベントです。

これをジムのタイミングで終わらせておくと,家に帰ってからとってもラクです。

通っているジムにはサウナもついているので,サウナにも入ろうと思います。

趣味ができてよかったね。続きは日誌で!

ぼくは20代の大部分を受験生として過ごしたこともあり,基本的に「趣味」というものがありませんでした。

「スポーツジムで運動すること」が今後趣味の筆頭になって行くような気がしています。

note でジム日誌を書いて,ときどきまとめ記事的なものをブログに書いて行くという運用でやっていきます。

上記の項目もバババーッと書いてしまいましたが,徐々に掘り下げて行きたいですね!!

note.mu