生きづらいぼくたちが生き抜くために
ひとつでも多くの知識を
知恵にできますように

【技術書編】SE・プログラマ向けの Java 研修でメイン講師をするまでに1年半で読んだ本をまとめてリストアップします!

この記事は,以下の記事の一部として作成しています。記事の目的や内容については左記 URL をご覧ください。

www.arute.me

それではさっそく挙げていきます!

技術基礎

講義対象は原則 Java です。

しかし,Java だけ知ってればいいというわけにはいきません。「○○についてなんですが…(基礎的な内容)」「ぼくは Java の講師なので分かりません」と答えたら信用失墜です。「コイツの講義には聞く価値がある」と思ってもらうためにも,周辺領域について勉強しておきました(が,実際質問されたことはほとんどありませんでした……)

ネットワーク・Web

[改訂新版] 3分間ネットワーク基礎講座

[改訂新版] 3分間ネットワーク基礎講座

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか

「プロになるためのWeb技術入門」 ――なぜ、あなたはWebシステムを開発できないのか

HTTPの教科書

HTTPの教科書

データベース

10日でおぼえるデータモデリング入門教室

10日でおぼえるデータモデリング入門教室

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

スッキリわかる SQL 入門 ドリル215問付き! (スッキリシリーズ)

そのほか

プログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラムの基礎知識

プログラムはなぜ動くのか 第2版 知っておきたいプログラムの基礎知識

情報はなぜビットなのか 知っておきたいコンピュータと情報処理の基礎知識

情報はなぜビットなのか 知っておきたいコンピュータと情報処理の基礎知識

プログラミング言語

Java 講師の割に Java に関する書籍をあまり読んでいません。というのも,テキストの疑問点については去年都度調べていたため,知識的な不安はほとんどなかったからです(JSPサーブレットはほとんど何も本読んでない)。Javascript は,フロントエンド側の講義(講義時間1〜2時間)で扱うために読みました。

Java

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第2版 (スッキリシリーズ)

Java本格入門 ~モダンスタイルによる基礎からオブジェクト指向・実用ライブラリまで

Java本格入門 ~モダンスタイルによる基礎からオブジェクト指向・実用ライブラリまで

Javaの哲学

Javaの哲学

Javaエンジニア養成読本 [現場で役立つ最新知識、満載!] (Software Design plus)

Javaエンジニア養成読本 [現場で役立つ最新知識、満載!] (Software Design plus)

Javaによる関数型プログラミング ―Java 8ラムダ式とStream

Javaによる関数型プログラミング ―Java 8ラムダ式とStream

徹底攻略 Java SE 8 Gold 問題集[1Z0-809]対応

徹底攻略 Java SE 8 Gold 問題集[1Z0-809]対応

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE 8 (EXAMPRESS)

オラクル認定資格教科書 Javaプログラマ Gold SE 8 (EXAMPRESS)

Java Silver については記事を作成していますので,よければ↓をご覧ください(Gold はまだ合格していません。頑張らねば……!)。

www.arute.me

UML

入門 UML 2.0

入門 UML 2.0

UML2.0クイックリファレンス

UML2.0クイックリファレンス

オブジェクト指向

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

オブジェクト指向のこころ (SOFTWARE PATTERNS SERIES)

オブジェクト指向のこころ (SOFTWARE PATTERNS SERIES)

そのほか

Bootstrapファーストガイド―CSS設計の手間を大幅に削減!

Bootstrapファーストガイド―CSS設計の手間を大幅に削減!

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

システム開発

システム開発系の本はかなり真面目に読んでます。

Java講師」というと,やっぱり受講者イメージとしては「Javaシステム開発現場を知っている人」なわけです。これに応えるためにせっせと読みました。しかし現実には,受講者のかたは学習内容を消化するのに必死で,あまり開発については聞かれませんでした。

システム開発全般

ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業1 増補改訂版

ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業1 増補改訂版

ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業2 増補改訂版

ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業2 増補改訂版

世界一わかりやすい IT業界のしくみとながれ

世界一わかりやすい IT業界のしくみとながれ

プロジェクトマネジメント

システム開発のためのWBSの作り方(日経BP Next ICT選書)

システム開発のためのWBSの作り方(日経BP Next ICT選書)

実務で役立つWBS入門 (プロジェクトマネジメントマガジン)

実務で役立つWBS入門 (プロジェクトマネジメントマガジン)

ITプロジェクトの「見える化」下流工程編 (SEC BOOKS)

ITプロジェクトの「見える化」下流工程編 (SEC BOOKS)

図解PMコース1 プロジェクトマネジメント 理論編(第2版) (通勤大学)

図解PMコース1 プロジェクトマネジメント 理論編(第2版) (通勤大学)

通勤大学 図解PMコース2 プロジェクトマネジメント 実践編 第2版 (通勤大学文庫)

通勤大学 図解PMコース2 プロジェクトマネジメント 実践編 第2版 (通勤大学文庫)

テスト

知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト 【改訂版】

知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト 【改訂版】

はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法

はじめて学ぶソフトウェアのテスト技法

SEのためのソフトウェアテスト (SEの現場シリーズ)

SEのためのソフトウェアテスト (SEの現場シリーズ)

全部読んだものも,補助資料としてザッピング的に読んだものもある

上記は結構な分量があります。

もちろん,これらをすべて均一に,初めから終わりまで読んだわけではありません。読書の目的はあくまで「円滑な講義運営」であり,じっくりと全部読んだものも,最小限の部分ををチャチャッと調べるために読んだものもあります。

ぼくは以前司法書士試験の受験生でした。そして受験界には「同じテキストを繰り返し『読み込む』のが正解」という定説がありました。

が,興味の移り変わりの激しいぼくにはこの方法が本当に合わず,いつも激しいストレスを感じていました。そして思い出してみると,過去うまくいった試験はすべて「過去問等の中心は抑えつつ,ひたすら関連本を読みまくる」という学習方法を取っていたのです。

なので今回も「『講義テキスト』という中心は抑えつつ,ひたすら関連本を読みまくる」という学習形式にしています。

上記はやや多すぎるような気もしますが,気にせずとにかく読みまくることで,何かが得られることもある!!!