生きづらいぼくたちが生き抜くために
ひとつでも多くの知識を
知恵にできますように
はじまり

GEEKJOBキャンプ卒業生だけど「評判に踊らされるな!」と言いたい。元メンター&現役プログラミング研修講師のぼくが,悩めるキミにアツく語ります!!

f:id:HrkPPOI:20180516132505j:plain

いまに対する不安や不満を抱き,将来への期待と希望を抱くみなさんにあっては,「IT業界」への転職の足がかりとして「プログラミングキャンプ」を検討していることかと思います。そして,その候補に GEEKJOB キャンプが挙がっていることか思います。

正直なことを言えば,「最初に学習する言語は何がいいですか?」という問いと同じくらい,「どのプログラミングスクールで学習を始めるのがいいですか?」は愚問です。そんなもの,大した差にはなりません。

しかし,そんな達観は時間が経ったから言えるもんです。

〈いま・ここ〉で悩みの渦中にいるかたに「大した悩みじゃないよ」と言ってもしょうがない。

だったらいっそ,とことんやりましょう。ぼく自身28歳フリーターからGEEKJOBキャンプの転職コースを経てこの業界で働いている身として,ガチめにアツくアドバイスします!!!

※ アルバイトとしてメンターをやったこともありますが,「メンター視点」の話はなにかの契約に違反しそうなので書きません。卒業生であり,法人向け新人研修でプログラムを教えているという個人の立場から書きます。

ほかを一通り読んでから最後に読んでくれ

いまはネット時代です。

ネットにいくらでも「情報」が転がっています。公式の HP も,比較まとめサイトにも,いろんなことが載っています。やれ,転職率が何%だの,選択できる言語だの,そういった形式面の情報は,先に一通り読んでおいてください。

ここでは「GEEKJOBキャンプというスクールがあるよ。おすすめだよ」という話をするつもりはまったくありません。

「GEEKJOBキャンプというスクールがあって,そこを考えているんですけど,ぶっちゃけどうですか?」に答えるつもりで書きます(そんなの会ってビールでも飲みながら話したいものですが)。

以下では,「不都合な真実」も書きます。「不適切な表現」も書きます。綺麗事だけが聞きたいかたは,読まないでください。「それは○○に対して失礼だ!」的な意見に対しては,一切の議論をしません。先に謝罪だけします。失礼なことを言います。すみません。

準備はいいか?!

いくぞっ!!!

キャンプではヒューマンスキル(社会人スキル)が優先で,プログラミングスキルは軽視なの?

「GEEKJOB キャンプはプログラミングスキルよりも社会人スキルを優先しているよ」という話を,ネットで目にします。また,実際にキャンプでは面接対策のカリキュラムが組まれています。

なので,まずはそこにお答えます。お答えするなかで,アレコレ分かってくるはずです。

あのね,優先とかじゃねえから!

プログラミングスキル

カリキュラム

キャンプで学習する内容は,標準的な Java 研修と同じです。

  • Web アプリケーションを構成する要素技術である ServletJSP
  • データベース操作のための JDBC
  • 上記の前提となる HTML や SQL

を学びます。最終課題は画面数が10枚以上あり,これは一般的な新人研修であればチーム開発で行う規模の内容です。

反面,行わないものとしては,

  • 設計書の書きかた(UMLなど)
  • テスト工程
  • Linux・ネットワーク(ただし,インフラコースでは学習する)

などがあります。新人研修が「アプリケーション開発」「システム基板構築」の両方をスコープとしているのに対して,キャンプではこれを2コースに分割しているのだと考えてください。

カリキュラムなんて飾りです

ただし,重要なことがあります。

「『カリキュラム以外のことを学習してはいけない』という契約なんてどこにもない」ということです。

ぼくが通学していた頃は同期と一緒に VPS を借りてWebサーバーを建て,PHP プログラムを動かしていました。もちろん,メンターのかたは Linux についても教えてくれました。

また,一時期ぼくがメンターをしていた頃は,UML の描きかたや,デザインパターンについて個別に説明していたこともあります。

Oracle をインストールしていたひともいたし,フレームワークを勉強していたひともいるし,BootStrap の勉強をしていたひともいます。

「(組織としての)GEEKJOB キャンプがプログラミングを軽視している」のは,本当なのかもしれないし,嘘なのかもしれません。しかし大事なのは「あなた」が重視するかであり,「あなた」が学習するかどうかです。そして,メンターはそれを応援してくれます。それで十分なはずです。

あと誤解のないように言いますが,なんか広告や HP ではやたらと「短期間」を推してますけど,ふつうに3ヶ月いれますから。金に困ってないならじっくりやりましょう。

ヒューマンスキル

残酷なことを言わせてください。

普通のことが要求されているだけです

キャンプではいわゆる「ヒューマンスキル」についてもカリキュラムが組まれています。たとえば,論理的に会話を組み立てる練習だったり,プロジェクト活動の練習だったりします。キャンプ生同士で面接のロールプレイもやります(ぼくもロールプレイで「不採用です」と言われた過去があります)。

しかし,これは「重視」でもなんでもなく,ごくごく一般的に,職業人として必須のスキルを学んでいるだけです。

これが「大変」なのだと感じたら,それは申し訳ありませんが「あなた」が未熟なんです(「未熟」という言葉の通り,能力がないという話ではなく,「いまだ熟達していない」=「これから熟達する」ということです)

  • 定量的な報告(「作業単位を何にして,何%に何時間かかったから,残何%に何時間かかる見込みである」など)
  • 主張・理由・根拠となる事実の峻別
  • 課題・原因・対策の対応づけ

これらは職業人として生きるうえで当然に要求されます。そして,そうしたヒューマンスキルを採用担当者が伺い知れる場というのが「書類選考」であり「面接」なんです。

だから,キャンプは書類選考や面接を手近なゴールに定めて,そのゴールを達成するための要素技術を「転職カリキュラム」として用意しているんです*1

苦手な人が多いんです

ではなぜ「普通」のことなのに重視されているような印象があるのか。

キャンプ利用者のヒューマンスキルが低いからです。

「ヒューマンスキルが低い」という言葉を,どうか人格否定だと受け取らないでください。性格云々の話ではなくて「スキル」の話です。

「プログラミングスキルが低い」と言われたらどう思いますか?「確かに。でもまだ勉強してないから。これから身につけます」と思いますよね。ヒューマンスキルも同じです。キャンプ利用者は一般に,これまでヒューマンスキルを勉強したことがない人が多いのです。

そもそもこのキャンプ,キャッチコピーが「20代のフリーター / 第二新卒 向けの就職支援サービス」じゃないですか。

仮に「大学を卒業してそのままフリーターになった20代」のひとであれば,そもそもヒューマンスキルについて勉強したことなんてないはずです。そういうものは新人研修でやりますから。

だから,まだできなくていいんですよ。

いまはできなくていい。でも,職業人として働くうえでは要求される。だから,キャンプのカリキュラムとして存在する。それだけの話です。

新人研修のほうがキツイよ

実際,新人研修のほうがはるかに高いヒューマンスキルを要求します。

ぼくが入ってきた現場では,日報の書き直しをさせるよう依頼を受けたり,プレゼンテーションに対するフィードバックを求められたり,とにかく「しっかりさせてくれ」という雰囲気なことがほとんどでした。

指摘する水準もほとんど「100点でないのだから,それは改善する余地があるということだ」といったレベルで行われます(要するに,どれだけ頑張っても何かしら言われるということ)。

その意味でも「キャンプがヒューマンスキル重視」みたいな話は「?」と感じます。緩いくらいです(担当者のかた,もしこの記事を見ていたら,もっとキツイ方がいいと思います)

キャンプからの就職先

なんか公式 HP も含めて,ネットで書かれている情報が錯綜していますよね。

SES(客先常駐)がほとんどだからな

いくつかの記事でも書かれていますが,ぼくが紹介された就職先はSESを主とする会社がほとんどでした。 ぼくの同期で「いわゆる自社サービス」の会社に就職した友人はいません(ただし,自社サービスの会社からの話自体はありました。そこよりも就職した会社を選びましたが)。公式 HP に書かれているような有名大企業に入った友人もいません。

「マジかよ」ですか?

いや逆に考えてくださいよ。

「自社サービス」って,業界の花形ですよね。なぜ「ぼくら」を採用するんですか?

だって,IT業界の中で人気があるんですよね? 人足りてますよね? 未経験者取るメリットがどこにあるんですか?

むしろ,そんな人気な働き方の会社なのに未経験取るほうが怖くないですか? 新卒や経験者が寄り付かない/離職してしまうような「事情」があるんですか?

SESを嫌だと感じている人は,まず冷静に自己分析してみたほうがいいと思います。そして,SES肯定派の意見をよく読んだり,聞いたりするといいと思います。

結婚と同じです。

「なんとなく」で条件を釣り上げていったら,とんでもないことになります。ネットで「こんなに『要求の高い女性』がいたぜ! めっちゃ非現実的だな! ガハハ!」というような話ありますよね。それと同じですよ。

www.arute.me

SES楽しいよ

ぼくもSESでやってますが,普通に楽しいですよ。

上下関係が薄いので気楽ですし,お酒の席もそこまで気を使いません(言うほど飲みに行きませんが)。ひとつの「プロジェクト」を成功させようと思ってお互いに動くので,上下関係以上の謎の仲間意識が生まれます。

なにより,「パワハラ野郎がもしいても,プロジェクトが終わるまで」と言うことです。

本当に気が楽です(いたことありませんが)。

就職先は絶対「開発」? ネットワークコースもあるじゃん!

紹介される案件が「絶対に開発」とは限りません。体感としては 97% が開発です(現実は知らん!)。

残りの 3% ですが,保守運用やテスト工程から始まったと言う話を現実に聞いたことがあります。

ここで言っておきたいんですが,むかしのキャンプには「プログラミングコース」しかなかったんですよ。

しかし,「プログラミング」というのは営業などと違って外から適性が見えにくく,「イケると思ったらイケなかった」ということが起こりがちです。そのため,「適性がないと気付きながらもあとに引けず,開発での採用が決まらず,不本意だが下流工程からやる」という現象が起きていたのではないかと思います*2

しかし,現在はネットワークコースがあります(公式HPにあるって書いてあります)。

「なぜIT業界に就きたいと思ったのか(目的)」「目的がネットワークコースで適えられないのか」をよく考えましょう。

もしかしたら「途中までプログラミングコースで学習を進めていたが,途中からネットワークコースに変更する」というのもできるかもしれませんよ(本当にできるかは知りませんが)。

結局すべてにおいてそうですが,「ルールだと思っているもの」のうち,どこまでが変更不可で,どこからが実は変更できるものなのかは,よく考え,相談するに限ります。

大体のことは相談すればなんとかなります!!

キャンプを「スクール(学校)」だと思ったら負け

キャンプ生時代

ぼくがキャンプに入ったとき,初日に「キャンプ生活を仕事の模擬として捉えて,主体的に動いて欲しい」といった説明を受けました。

以来,可能な限りそう考えて,自分なりにできることをやりました。

  • どの言語を選択すべきか,先輩に聞いて回る
  • 不明な点はまずネットと書籍で調べる
    • 書籍は複数購入
    • ネットはとりあえず見つかった全ページを開いて,読みやすいものから順番に全部読む
    • サンプルコードは専用のフォルダ作ってそこで小さいプログラムいっぱい書く
  • 調べて分からなければ先輩に聞く
    • それでも分からなければメンターに聞く
  • 周りの人がどんなことをやっているのかを聞く
  • 自分で気になったことは試す,作る
    • 友人とVPSをさわる
    • MVCで設計してみる
    • 単体テストを書く
    • オレオレDBライブラリを書く

面接でもだいたいそんな話をして,当時正社員歴半年の28歳フリーターでしたが,無事IT業界に転職してくることができました。先輩に質問するのは超恥ずかしかったですが,結果,いまも交流があったりします。

「新人研修」に求められていること

いまは新人研修の講師として登壇していますが,必ず「研修は業務である」といった話をします。

企業からすると,新人研修というのは金のかかりまくるイベントです。場所代もかかるし,研修会社に報酬を支払うし,新人の給与も支払います。そしてその結果,新人には業務に対する「給与」が支払われます。

業務の成果物は「学習した自己」であり,業務の価値は「成長幅」です。

学生(お金を払って勉強する)から職業人(お金をもらって勉強する)に転換するにあたり,上記の「当然の前提」はしつこいほど強調します。

ぼくらはもう「新人研修」を受けられない「身分」なんだよ!!

もちろん,ぼくらはキャンプから金なんてもらっていません。

だから本来的には「業務」じゃないし,「仕事」じゃないです。その意味で,本来的には「キャンプ生活を仕事の模擬として捉える」必要なんてありません。

しかし,企業から見ればどうでしょうか。

企業は,キャンプから人を取るにあたって,いくらかのお金をキャンプに支払っています。つまり,この額は「人材紹介料」に「本来かかるはずだった新人研修費用」を後払いで上乗せした額だということです。

つまり結局,企業からすれば,キャンプの卒業生に求めるのは「新人研修を終えた状態」になっていることであり,それは「スクール利用者」という態度では身につけられないものです。

「いや,それは話が企業にとって有利すぎるじゃん。話が一方的じゃん」 と思いますか?

でも,考えてみてください。ぼくらはもう「新人研修」を受けられない「身分」なんです。日本という新卒一括採用史上主義社会において,「新卒」というカードを持っていないんです。転職市場においては「非新卒」という身分なんです。

そういう身分だから,どうしますか?

「理不尽だから」キャンプ生活を仕事の模擬として捉えるなんてことはやめますか? それとも,煮え湯を飲んでIT業界に来ますか? ぼくたちはそれを選ぶことができます。選ぶことができますが,選べば,何かを受け入れることになります。利点と欠点は不可分であり,片方だけを選び取ることはできません。

いうてそれほどキツくないよ

……と,アツくなってしまいました。

しかし安心してください。

「真面目に一生懸命がんばるぞ٩( 'ω' )و」と決めてさえいれば,理不尽なことは何もありません。メンターはふつうに優しいし,課題は勉強すればわかるようになるし,IT業界に入れます。

なにより,28歳の頃のような「このままだとヤバイ。いつか貧困層になる。いつか餓死する」という恐怖はなくなりました。

ぼくを含めて,「未経験からIT業界にくる」ひとというのは,何かしら波乱万丈な人が多かったです。ニートだった人もいるし,大学中退した人もいました。別業種でヘロヘロに消耗して転職を決めた人もいました。そういう人はみんな,どこかしら「覚悟」を決めてやってきます。

反面,なかには何も考えず,ただ日々を過ごしているように見える人もいました(もしかしたら色々と「考えて」いたのかもしれません。しかし,考えているだけで「行動」しなければ,現実世界では何も起きないのです)

だから言いたいのです。「覚悟を決めちゃえよ。ラクになるぞ」と。

自分の目で見ろ。自分の手で動かせ。自分で疑問を相談しろ!

というわけで,ぼくがキャンプ生時代からずっと抱えていた「想い」は,ほぼほぼ書ききりました。

GEEKJOB キャンプについては「情報」がネットに多数あります。しかし,その情報がどれも「1日体験に行った」レベルで,どうにも表面的なものに感じていました。「転職」というのは人生を決める一大事であり,ぼくならもっと突っ込んだ話,書いている人の人間性がわかるような話が読みたいのになあと思っていました。

なので,書いたというわけです。

この記事は約8000字あります。ここまで読むものかなりの苦労だったことでしょう。最後になりますが,お伝えしたいことがあります。

それは「こんな記事なんか読んでないで,1日体験に行って,メンターや先輩と話せ。抱えている疑問や悩みを相談しろ!」ということです。

現代において「情報収集」の終わりはありません。その気になれば,永遠に情報を収集していることができます。しかし,終わりがないからこそ自分で区切るしかないんですよ。

ぼくはいま,新人研修で Java を教えています。そのために必要な知識は無限にあって,いくらでも情報を収集し続けたい気持ちになります。しかし,それでも現場の実施は始まります。どこかで「まだ足りないけど,いったん区切って実施する」必要があります。

相談されて嫌な気持ちになるやつはいません(少なくとも教育関係の仕事をする人間にはいません)。なので,体験学習に行って,課題を解いてみて,プログラムを現実に書いてみて,エラーを出して,悩みを相談してましょう。先輩に「ぶっちゃけどうですか?」と聞きましょう。

この「画面」を眺めている限り,「転職」は一歩も前に進みません(ぼくは4年間,机の前から現実が進まずにいました)。IT業界に進むべきかやめるべきか,IT業界のなかで何をするか,どのスクールに通うのか,それを判断するためにもまず,「今」動きましょう!!!!!!

↓行ってらっしゃい!!

*1:いやほんとのところは知りませんが。でも多分そうでしょう

*2:よく「プログラミングには適性がある」と言う人がいますが,そんなの何にでもありますから。

営業にも経理にも講師にもあります。むしろ「適性」が存在しない作業・仕事ってなんかあるんですか?

「すべての作業には適性があり,プログラミングもおよそ作業のひとつなのだから,プログラミングには適性がある」という主張は確かに正しいですが,主語を殊更に「プログラミング」とする必要はなく「作業」とすれば十分なはずですよね。

「適性がある」のはなんでもそうで,「適性が外から見えにくい」のがプログラミングなのだと思います。つまり,「『自分は喋るのが得意/苦手だ』というのはわかりやすいので,営業や講師業についてわざわざ適性を語る人は少ない」が,「『自分はプログラミングが得意/苦手だ』というのはわかりにくいので,やってみて痛感してついつい語りたくなってしまう」と言うのが現実です。