生きづらいぼくたちが生き抜くために
ひとつでも多くの知識を
知恵にできますように
はじまり

Geek Jobキャンプを卒業しました(就職しました)

(はじめは「GeekJobキャンプで正社員歴半年の28歳フリーターがプログラマ目指した結果wwwwww」というタイトルにしようかと思ったけど、煽りすぎないようにおとなしくしています)

経緯など

この頃にはもうプログラミングキャンプの参加は決めてた気がします。で、実際参加を決めた時はブログに書いたりもしました。ただこの後からは鬼のように忙しい日々。。。

と、意識の高そうなことも呟きましたが、実際はきつかったです。

僕はフリーター生活を続けながらのキャンプ生活だったため、体力的・時間的に非常にハードでした。よく「バイトがなきゃもっと専念できるのに」と思っていました。そのくせ(内向型のくせに)調子に乗る性格なので、勉強会での発表も入れたりしてましたから……。

ついには一度神経症症状が出て、「あ、やばい。これダメなやつだ」と気づき、可能な限りの全ての予定を延期/キャンセルしてひたすら寝続けたこともあります(と言っても午前中はバイトなので午後寝続けた)。

メンターのかたからは内定後に「あの時は疲れてましたよね」と言われましたけど、疲れてたというか病んでましたね(その点はいい加減慣れてきているので、早めの対処が功を奏しました)。

なかなか楽しかったよ

と、キツかったのは事実ですけど、楽しかったのもまた事実です。

Geek Jobキャンプの宣伝めいた話は別な記事に譲るとして、なんといっても友達ができました。しかもその多くがパソオタだったり(僕と同じく)内向型だったりします。

自学でもプログラミングは学べるでしょう。

でも、ここは逆説的なところですけど、僕のような内向型マンこそ、キャンプに参加したほうが得られるものが多いと思います。

就職して人生がバラ色になったり、彼女ができたり、宝くじが当たったりはしません。それどころか、受験生時代並みにクソッタレなことは多々あります(逆に言えば、受験生時代も今のように楽しいことが色々あった)。

そんな感じでまた頑張ったり時々病んだりサボったりしながら生きていたいと思います!